だるまの里 猿飛仙人村




何度でも起き上がる宮崎のだるま男が作った再起の楽園

20年以上廃墟になっていたレストラン『オハイオ』を
改装して作られたパラダイス系の遊園地です。
水をつかった面白い仕掛けの手作りアトラクションがたくさんありました。
TV
や雑誌などで紹介され、全国的に有名になりました。
一時期は関東に支店を出すような計画もありましたが、
条件の合うちょうど良い場所が見つからず、残念ながら、20046月頃に閉園になりました。
閉園後、アトラクション等はすぐに撤去され、廃墟化しました。


廃墟伝説HPより引用

廃墟本3より引用




だるま達も、誰も来ない森の住人となった・・・・・