池島炭鉱

 

 

池島炭鉱は、西彼杵半島の西沖合約7kmにある周囲約4kmの池島(長崎県長崎市、旧外海町)周辺の海底に広がる炭鉱で九州最後の炭坑の島でもある。三井松島産業の子会社である松島炭鉱により1959年より出炭が始まったが、42年後の200111月に経営困難により閉山され当時約2,500人いた従業員はすべて解雇された。当時の炭坑マンの給与は平均的サラリーマンの約2倍はあったといわれ、日本の基幹産業として高度成長を支え活況を呈していた。また、池島の石炭は良質なものとして重宝され、盛期には高層アパート群が次々に建設されたが、現在もほとんどの住宅や商店街は廃墟となり残りゴーストタウンの様相を呈している。最盛期の1985年には150万トンを越える石炭を掘り出し操業開始から閉山までの出炭量は4,400t。坑道延長は約96km、鉱区約35,500ha 閉山後に炭鉱技術海外移転事業が始められ、大規模な鉱山事故が頻発する中国をはじめとするアジア諸国などより事業継続の要望が強く、現在もインドネシア、ベトナム人など年間約60名が技術伝承のため入国し働いている。

 

池島炭鉱 - Wikipedia HPより引用


ikesima2.htmlへのリンク