旧万田坑



大牟田・荒尾では明治6年から官営で石炭の採掘がはじまりました。明治22年には官営から払い下げられ三井の経営に。その後、三井三池炭鉱として團琢磨の指揮により大きく発展してくことになります。万田坑は明治35年に開抗し、大正・昭和初期の主力坑となります。昭和26年には閉坑しますが、地下で繋がっている他の坑道の排水処理などのために取り壊されることなく残されました。  国の重要文化財に指定されている万田坑は、竪坑櫓だけでなく巻揚機などの機器や周辺施設までもまとめて残されています。巻揚機室の中にはその他の機器や工具なども手付かずに残されており、そのまま時間が止まったような不思議な感じがします。
 現在“万田坑”と呼ばれている竪坑は、正確には第二竪坑櫓になります。第一竪坑はすぐ近くにありましたが、竪坑櫓や巻揚機建屋などは既に解体撤去されて残っていません。しかし櫓の基礎部分だけは巨大なコンクリート構造物として残っています。そして驚くことに第一竪坑は閉塞されることなく、現在も口をあけて残されています。平成9年の三井三池炭鉱閉山時に閉塞されていてもおかしくないのですが、なにか事情があったのでしょうか。竪坑はある程度の深さで水没しているらしいのですが、本来の深さは270メートルに達するそうです。

 

 

九州ヘリテージ HPより引用

 


つづく