廃墟ソープランド


 

大工町のソープランド街に、かつてのソープランド「クイーン・シャトー」の廃墟があります。 敷地面積600坪という都内では考えられない規模です。建物は5階建てと巨大でありながら、客室は16(1フロアあたり4室)と少なく、1部屋の広さは20畳近くありました。
 「クイーン・シャトー」がオープンしたのは、1980年の9月(当時は「トルコ風呂」と呼ばれていた時代です)。総工費8億円(当時)をかけた外観、内装の豪華さは、他に類をみないものでした。待合室は4つあって、3つはこれからプレーするお客様用、1つはプレー後に休憩するお客様用でした。エレベータは行きと帰りの2基。エレベータの中にはソファーが一つ置いてありました。

,2階はふき抜けになっていて、8千万円もする黄金のシャンデリアが天井からぶらさがっていて、その下には噴水がありました。

1987年の9月で止まっていましたので、まさにバブルが弾けると共に営業を停止したようです。

 

【参考文献】

*1 酒井竜次:ニッポンの廃墟(インディヴィジョン,2007P.130

*2 中田薫:廃墟探訪(二見書房,2002P.88

*3 ミリオン出版:全国高級トルコ・ガイド(1981,ミリオン出版)口絵,P.160-P.161

Tags:#水戸

 







火災後、室内が真っ黒!

風俗とエイズ


エイズ/HIV感染、及び性感染症について学んでみてはどうでしょう?

HIV感染やエイズは早期発見が大切です。感染を調べる手段はただひとつ、エイズ検査を受ける事です。エイズ検査は、無料匿名で受けられる施設が全国にあります。エイズ検査を強く推奨します。早期発見が出来れば、HIV感染していない人と同じくらい、生きられる可能性があります。一生クスリを飲み続けなければなりませんし、身体障害者手帳の交付を受けて医療費助成を受けられても、
高額な医療費がかかります。性行為の相手はたった一人でも、たった一回でも、
HIV感染の危険があります。
エイズ検査を受ける事を強く推奨します。
何よりも早期発見が重要です。