田老鉱山


岩手県三陸地方の街田老。この街の内陸の山間部にかつての鉱山跡がある。その名も『田老鉱山』。

その歴史は安政年間までさかのぼり、何故か易断の高島嘉右衛門によって採掘が始まったと伝えられている。その後ラサ工業の手によって昭和 46 年まで操業を続け、100 年以上にわたる歴史に終止符を打ったのである。

この間に戦争や火災により休山、再開の紆余曲折を経て膨大な量の金、銀、銅、鉛、亜鉛、硫化鉄鉱等を産出したという。ラサ工業は 1907(明治 40)年に沖大東島(通称ラサ島)でリン鉱石の採掘を始めたことに端を発する会社で国内に田老鉱山を含む数ヶ所の鉱山を所有していた複合企業であり現存する企業である。

現在はリン鉱石による肥料製造や鉱山の経営からは撤退し業態をすっかり衣替えしているため、鉱山は手放している。だが、どういうわけかラサ島は今もって全島がラサ工業所有のままである。

三陸地方はリアス式と呼ばれる海岸まで山がせまる地形と交通の不便さもあり釜石や久慈の鉱山等若干の例を除いては工業の発達が難しく、田老鉱山の発展がもたらした、地域や日本の発展も計り知れないものだったのではないだろうか。

ラサ工業の手によって本格的に操業が始まった田老鉱山は精錬を宮古市中心部に宮古精錬所にて行い、さらにそこへ鉱石を運搬するために延長 10km 以上に及ぶ索道(鉄索)及び精錬所の近くの港町宮古市鍬ケ崎に鉱石貯蔵施設が建設された。

これらの施設による雇用の創出も地域に与えた影響は小さくなかったはずである。また、最盛期には 1800 人以上が鉱山敷地内に作られた住居に住み、田老鉱山は単なる鉱山ではなく小学校や郵便局や神社まであるひとつの『街』であった。この人口増は田老の町制への移行の遠因のひとつになったほどである。

閉山後は東京の明星大学が敷地を譲り受け、宇宙線観測の拠点として利用されているが一部の鉱山施設は廃墟のまま残されており山中に人知れずひっそりと過去の栄光を伝えている。

@golgodenkaHPより引用