熊延鉄道遺構(八角形トンネル)


熊延鉄道とは、熊本県熊本市の南熊本駅から熊本県下益城郡砥用町(現:美里町)の
砥用駅までを結んでいた鉄道路線およびその運営会社である。
1964年に廃止された。

熊延鉄道という社名は熊本と延岡(宮崎県)を結ぶ鉄道を計画していたことに由来する。
しかし実現には至らなかった。会社は現在、熊本バスとしてバス事業を営んでいる。

同地区では国鉄が宇土から浜町(現上益城郡山都町)を
経由して高千穂で高千穂線に接続する路線(延宇線)を計画していたが、
宇土
- 佐俣間で路線バスを運行しただけで着工には至らなかった。

なお、熊延鉄道線で使用されていた気動車は江若鉄道と玉野市営電気鉄道へ、
ディーゼル機関車は江若鉄道へ譲渡された。


熊延鉄道 - Wikipediaより引用




熊延鉄道廃線跡を訪ねて

http://homepage1.nifty.com/pyoco3/yuen/yuen.htm

熊延鉄道のページ目次

http://www2.odn.ne.jp/~ccp10350/you-en/you-en-index.html